米国大統領選 トランプ FRB利上げ 長期金利 社債スプレッド FFレート

2016/11/11 12:13
米国大統領選を終え、マーケットは前後で乱高下したものの、現在は、新大統領のインフレ政策を織り込もうとする動き、、。 昨日、NYダウは「史上最高値」を更新している。 マーケットは、1年間待たされた12月のFRBの利上げ確実視も織り込み始めている。 社債スプレッド(グラフには載せていないが)も順調に低下傾向で、 長期金利は7月上旬を底に上昇傾向だ、、。 ふふふw。 これらが何を意味しているか、、。 「#機熟さずして行えば必ず害する」 実は、これが僕の本..

続きを読む

久しぶりの更新:米国景気

2016/08/30 16:02
久しぶりのブログ更新となります、、。 08月末現在の、米国景気を金利を中心に、いつものように纏めてみました。 結論から言うと、 「暴落は、近くない」 という見解です、、。 S&P500は、2014-2015年につけた最高値を突き破りました。 同時に、懸念されていた社債スプレッドは、10年債利回りが低下傾向にもかかわらず、 それをはるかに上回るスピードで低下。 正常値に戻りつつある。 不思議なのは、長期金利、、。 長期金利は、通常、株価に選考して..

続きを読む

米国10年債、FFレート、社債スプレッドのその後、、。

2016/03/29 11:05
長期金利は02/11に1.63%をつけた後、切り返してきている。 社債スプレッドも、少し遅れて、急激に低下。 それらに連動するようにS&P500も切り返してきている。 S&P500は、ご存知のとおり、2100を抜けたところで最高値があり、昨年、チャイナショック後、その奪還に2回失敗している。 引き続き、米国長期国債の動向に注目していきたい。 FF短期レート(政策金利)は、全体として、「慎重な利上げ」が継続していく可能性が高い。 長期金利がもたついて..

続きを読む

長期金利は反転し、社債スプレッドは縮小している。

2016/03/11 13:24
事実をきっちり抑えておく必要がある。 僕らが出来る事といったら、 無限のパラメータで、 ゆるゆるの確率(オッズ)を推定して、 正しいマネーマネジメントでベットすることくらいしかない、、。 僕らは、僕らのその存在すら確率的でしかない可能性が非常に高い、、。 米国長期金利は、1.37%を底に、切り替えしている。社債スプレッドも、3.63%をトップに下落傾向。 時同じくして、S&P500も切り返して、直近安値から半値戻している。 2008年はじめと同じよ..

続きを読む

G20後の相場の落ち着きも、世界景気への見方は変わらず

2016/02/29 11:00
G20は、案の定、特段の策もなく閉会。 株価は、急落後、やや落ち着きを取り戻しているが、 世界景気への見通しを僕は変えていない。 つまり、 「非常に危険な状態である可能性が高い」と、、。 僕は、「ファクトデータ」しか見ていない。 ここ最近の動きとしては、 1)ドルインデックスがやや下降気味2)ドル円では円高傾向3)長期金利は、下降を継続4)社債スプレッドは、上昇傾向を継続 ドルインデックスの下落傾向は、もしかしたら、「米国景気後退の警戒」意味してい..

続きを読む

ちょっと落ち着いたからって、また、色んなストーリーが語られてるけど、、。爆

2016/02/23 10:30
大幅下落の後、また、色んなストーリが語られ、 いろいろな人が持論を展開してマーケットを予測しようとしてるけど、 結果、 誰も、先の事は分からないw。 僕は、相場に関しては、数字だけを追いかけて、 「エッジ有り!」 と判断したら、 「エッジと資金に見合ったベットをする」 だけだから、 エコノミスト、ストラテジストがどんな「能書き」たれようが、 無関係DEATH。w 「景気判断」の状況としては、 先日述べた状況とあまり変わっていない。 米国長期金利は、依..

続きを読む

もっと見る

過去ログ